カリラボ

お金がない時どうしてる?みんなの知恵や解決策まとめ
お金がないって諦めない!困った時に役立つ情報をご紹介

給料日前でお金がピンチ!今月出費が多くてお金がない!急に必要なものが出来たけど手元のお金じゃ足りない!そんなときってありますよね。

でもお金がないのは仕方ないし…そう諦めてはいませんか?お金がないときには、お金を得るための方法がいくつか考えられるんです。

お金を用意する方法としてどのような方法が考えられるのか、そしてそれぞれの方法にはどのような特徴があるのか、お金がないと困った状況のときに役立つ情報をご紹介していきます!ぜひチェックしてくださいね。

お金がないとき考えられる選択肢をチェック!

お金がないとき、どのような選択が考えられるでしょうか。

  • 親や知人から借りる
  • 副業する
  • 会社から前借する
  • 物を売る
  • 銀行や消費者金融から借り入れする

それぞれの選択肢について、簡単にその特徴をご紹介していきましょう。

親や知人から借りる

親や知人からお金を借りる場合、注意したいのが返済トラブルです。いくら借りる、いつまでにいくら返す、返済方法はどうする、この3点をしっかり決めておかないと、トラブルになる恐れがあります。

トラブルを避けるためには、借用書を作成するようにしておきたいですね。借用書の書式は、インターネットでも簡単に検索することができます。

双方が納得した状態で金銭の貸し借りがあったということを、しっかりと書面で残しておきましょう。

副業する

副業と言っても、いろいろな方法があります。

  • アフィリエイト
  • FX
  • ポスティング

アフィリエイトはブログ等を開設し、広告をクリックしてもらうことで収入を得る方法です。これは、放置しておけば良いので手間がかかりませんが、その代わり得られる収入もピンキリとなってしまいます。

FXは、ハイリスクハイリターンという点に注意が必要ですね。少額から可能となっているものもありますので、興味があれば一度調べてみても良いでしょう。

ポスティングは、空いた時間があれば可能ですが、普段仕事をしていると厳しいかもしれません。

会社が副業を禁止している場合もありますし、副業で得られた金額によっては確定申告が必要な場合もあります。そちらもしっかり確認しておきたいですね。

会社から前借する

会社が前借に応じて入れば、会社から前借するという選択も可能です。会社が前借に応じていない場合でも、特定のケースであれば労働基準法によって前借が可能となっています。

  • 出産
  • 事故・病気で入院、高額治療費が必要
  • 災害

ただし、前借できるのはあくまでもすでに働いた分のみです。また、前借を申請したその日にお金をもらえるかどうかは分かりません。

前借について気になる場合は、会社に確認するようにいしたいですね。

物を売る

不要なものを売って収入を得る、という方法もあります。質に入れる、という方法もありますが、最近ではネットオークション、ネットでの転売サイトを利用する人が多くなっていますね。

出品すれば、落札・購入されるまで放っておいてOKという手軽さも魅力です。ただし、必ず売れるわけではないということに注意が必要です。個人的な販売を行った場合は、受け渡しでトラブルが生じる恐れもあります。

安心できるサイトを利用するなど、しっかり情報をチェックしてから売るようにしましょう。

銀行や消費者金融から借り入れする

金融会社や銀行から“借りる”ということを考えてみましょう。お金を借りる、借金をするということになりますが、実は借金をするというのは珍しいことではありません。

現在、20歳以上の7人に1人はキャッシング利用者である、というデータもあります。そしてこの数字は大手の消費者金融利用者であり、中小規模の消費者金融の利用者数は含まれていないのです。

つまり、それだけ多くの人がキャッシングを使用しており、キャッシング(借金)をするということは、決して珍しいことではない、と言えるのです。

では、借入先や借り入れする種類としては、次の方法が考えられます。

  • 消費者金融カードローン・キャッシング
  • 銀行カードローン・キャッシング
  • クレジットカードカードローン・キャッシング

ただ単にお金を借りると言っても、これだけの方法があるわけです。それぞれの方法の特徴をチェックし、自分に合った借り入れを選択したいですね。

カードローンとキャッシングってどう違う?基本的な情報をチェック

お金を借りる方法として、カードローンとキャッシングがあります。似ているようで違うこの2つの借り方について、基本的な情報を押さえておきましょう。

カードローン

カードローンは、決められた限度額内で自由に繰り返し借り入れができるというものです。

限度額が30万円だった場合、合計で30万円に達するまでいつでも自由に借り入れができるので、使い勝手の良い借り入れ方法になります。

限度額いっぱい借り入れしてしまっても返済すればまた限度額が復活するので、契約期間内であれば必要時にすぐ借り入れできる手段がある、というのが魅力ですね。

キャッシング

キャッシングは、必要額を1度に借り入れし、その都度契約手続きが必要な借り入れ方法です。

お金が必要な目的が決まっている、1回だけ借り入れすれば良いという場合は、キャッシングを利用すると良いでしょう。

キャッシングのメリットは、借りすぎないという点です。カードローンは便利な借り入れ方法ですが、いつでも借り入れできる手段があると分かればついつい借りすぎてしまう恐れがあります。

計画的に借り入れするのであれば、キャッシングの方が良い場合もあるわけです。

銀行と消費者金融どちらがお得?

お金を借りる先としては、主に銀行、消費者金融が挙げられます。この2つの借入先、どちらがお得で便利なのでしょうか。それぞれの特徴をご紹介していきましょう。

銀行から借入するメリット・デメリット

まず、銀行から借り入れする場合についてご紹介していきましょう。

メリット デメリット
金利が低い 安心感がある 審査が厳しい 審査に時間がかかる場合がある

銀行から借り入れする最大のメリットは、金利の低さです。

低金利で借り入れできれば、返済時の負担を少なくすることができますからね。また、銀行からであれば安心して借り入れできるという点も魅力です。

ただ、銀行によっては申し込んでから借り入れまでに1週間~2週間ほど時間がかかる場合もあります。即実融資可能な銀行もありますが、借り入れするまでにどのくらい時間がかかるのかはしっかり確認しておきたいですね。

また、銀行のキャッシング審査は厳しい傾向にあります。他社借入がある、ブラックであるといった不安要素を持っている場合には審査通過は難しいと考えてください。

消費者金融から借入するメリット・デメリット

次に、消費者金融から借り入れするメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
審査スピードが早い 銀行と比較すると審査に通りやすい 金利が高い 借入先によっては闇金の可能性がある

消費者金融は、審査スピードが早く審査に通りやすいというメリットがあります。つまり、借り入れしやすいわけですね。

ただ、金利は高めになっており返済期間が長くなればそれだけ返済負担は大きくなってしまいます。

更に、消費者金融のふりをした闇金が紛れている場合もありますので、注意が必要です。

お金を借りるときに注意したい3つの注意点

お金を借りられれば便利ですが、当然注意しなければいけないこともあります。ここでは、お金を借りる際に気を付けておきたい3つのポイントをご紹介していきます。

  • 返済日に遅れない
  • 借入前に返済額を確認する
  • 返済可能額を借り入れする

それぞれの注意点について、簡単に解説していきます。

返済日に遅れない

まず、返済日に遅れないようにするということは必ず守らなければいけないことです。返済日に遅れるということは、借入先に迷惑をかけるということもありますが、借りている方にとってもリスクがあります。

返済日に遅れると遅延損害金が発生してしまいます。遅延損害金は、金利と別に1日遅れるごとに発生するもので、返済負担を大きくしてしまうのです。

返済に遅れないためには、自動引き落としでの返済にする、返済日お知らせメール機能を利用すると言った手段が選べる場合もあります。返済日に遅れないよう、しっかり注意しておきたいですね。

借入前に返済額を確認する

借入をする前に、総額でいくら返済することになるのかを確認しておきましょう。借入するときより、返済する金額の方が大きくなるのは当然ですよね。

金利や返済期間によっては、思っているよりも返済総額が大きくなってしまう場合もあります。ですから、返済総額の確認は借入前にきちんとしておくことをお勧めします。

返済可能額を借り入れする

返済総額はもちろんですが、毎月の返済額を確認することも大切です。毎月の収支を確認し、無理なく返済できる金額かどうかをチェックしておきましょう。

また、毎月の返済額だけでなく、返済期間の確認も大切です。借入金額と毎月の返済額によっては、1年や2年を超える長期返済になることも珍しくありません。

返済終了まで毎月確実に返済できるかどうか、それをしっかりと考えた上でキャッシングを利用するようにしましょう。

キャッシングを初めて利用するときは、不安を感じるのも当然です。だからこそ、事前にいろいろな情報をチェックして、不安要素を解消しておくことも大切ですよ。

借入するためには申し込みと審査通過・契約手続きが必須!

借入をするためには、申し込みをすれば良いというだけではありません。借入まで、決まった手順を踏まなければいけないのです。

基本的な流れは、次の通りです。

【申し込み】→【審査】→【契約】→【借入】

申し込み方法は、借入先によって異なります。インターネット、店頭、電話、郵送、様々な方法がありますので、借入先に確認するようにしましょう。

また、借入をするためには審査通過が必須となります。審査でチェックするポイントは、主に次の内容です。

  • 収入
  • 他社借り入れ状況
  • 事故情報の有無

返済額を毎月捻出するだけの収入があるか、他社借入があり返済に滞りが生じる可能性がないか、そして延滞や債務整理を行った過去がないかを、主にチェックするのです。

借り入れは、申し込めば誰でも利用できるというものではなく、不安要素があると判断されれば審査に通ることは出来ません。

特に、ブラック(事故情報がある)人がキャッシング審査に通るのは難しいと考えておきましょう。

審査に通れば、契約手続きをして借り入れが可能となります。借入には審査通過が必須であるという点は押さえておきたいですね。

お金がないときは売る、稼ぐ、借り入れするという選択肢がある!

お金がないときは諦める、という選択も当然あるわけですが、知人や金融会社から借り入れをする、副業する、不要な物を売る、という選択肢もあります。

どの方法でお金を得るのか、それは自分の判断によって選ぶことになるわけですが、トラブルにならないようにしっかりと調べて検討するようにしたいですね。

銀行や消費者金融の借入を利用している人は、決して少なくはありません。借入先や借り入れ方法の特徴をチェックし、自分に合った借り入れを選択すると良いでしょう。ただし、借り入れはむやみに利用してしまえば返済が苦しくなってしまう恐れもあります。

計画的に借り入れをする、この事をしっかりと心がけて、上手に借り入れを利用するようにしたいですね。

最新記事

お財布を忘れてしまって食事代を友人に借りたり、お金...

親や配偶者など故人が借金を残していたことを亡くなっ...

お金がないときに、友人に借金を申込み貸してもらえる...

クレジットカードはショッピングの為のカードですよね...

いつもお金がないという身内がいて、何かというと借金...

12345...1020...
閉じる