お金がない時どうしてる?みんなの知恵や解決策まとめ

お金がないときは銀行キャッシングが使える!?基本情報をチェック

お金がないときはどうしますか?何か売ろうか、臨時収入を得るために働こうか、そう考えるかもしれません。しかし、それでは確実に希望する金額を得ることができるか分かりませんし、時間もかかってしまいます。

そこで、ぜひ検討してもらいたいのが銀行キャッシングです。銀行キャッシングってめんどくさそう…そんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、銀行キャッシングは上手に使えば便利なものなのです。

ここでは、いざという時に頼れる銀行キャッシングについて、基本的な情報をご紹介していきましょう!

用途に応じて選べる銀行キャッシングの商品内容とは

銀行キャッシングには、いろいろな種類があります。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 目的別ローン

それぞれの商品について、簡単にご紹介しましょう。

商品 利用目的 借入額
カードローン 自由(事業資金以外) 限度額が設定される
範囲内で繰り返し利用可能
フリーローン 自由(事業資金以外) 必要な金額を1回
目的別ローン その目的のみ 必要な金額のみ
納品書・請求書等必須

カードローンは、限度額の範囲内であれば自由にいつでも・何度でも繰り返し借り入れができる、そして利用目的は自由という使い勝手の良さが魅力です。

フリーローンも利用目的は自由ですが、希望金額を1度借り入れし、追加の借入が必要な場合は再度申し込み・審査を受ける必要があります。

目的別ローンはその目的で必要な金額を借り入れできるというもので、どの目的でいくら必要なのか、それを証明するための書類を提出することが必須です。ただ、目的が決まっているので他のローンよりも低金利で利用できるメリットがあります。

銀行キャッシングにはいろいろな選択肢がある、ということを知っておきましょう。

銀行キャッシングを利用する最大のメリットは安心感!

銀行キャッシングを利用することは、利用者にとって色々なメリットがあります。

  • 安心感がある
  • 低金利
  • 総量規制の対象外

銀行キャッシングは、銀行が相手だからこその安心感があります。

お金を借りるにあたって、安心できる、信頼できるというのは何よりも重要なポイントです。

また、銀行は法人向けに高額な融資を行っており低金利でも確実な収入を得ることができますので、個人向けの少額融資も低金利で融資することが可能となっています。

返済負担が少ないというのも、利用者にとっては嬉しいポイントですね。

銀行キャッシングは総量規制の対象外

銀行キャッシングは、総量規制の対象外です。

つまり、年収の3分の1を超えるキャッシングも可能なのです。ただし、必ず高額な借り入れができるわけではありません。

銀行カードローンの限度額設定は、申し込み者の信用に応じて行われるので、信用度が低ければ希望金額に満たない設定になる場合もあります。

あくまでも、審査によって申し込み者の信用に見合った金額をキャッシング出来るということです。

ただ、総量規制があればどんなに信用度が高くても年収の3分の1を超えるキャッシングはできません。ある程度高額な金額が必要となれば、総量規制の対象外である銀行カードローンを検討すると良いでしょう。

いくらまで借りられる?大手銀行カードローンをピックアップ!

ここで、銀行キャッシングの1つ、カードローンの商品内容についていくつかご紹介していきましょう。

銀行名
カードローン名
限度額 金利
三井住友銀行
カードローン
10万円~800万円 4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
最高500万円 1.8~14.6%
みずほ銀行
カードローン
最高800万円 2.0~14.0%
新生銀行
レイク
1万円~500万円 4.5~18.0%
りそな銀行
クイックカードローン
30万円~200万円 9.0~12.475%

金利は2.0%から、そして最高800万円の限度額設定が可能なカードローンがあるなど、やはり銀行カードローンは低金利、高額融資が可能な魅力的な内容となっていますね。

銀行によって限度額や金利は異なりますので、まずは自分が利用している銀行カードローンをチェックしてみると良いでしょう。

銀行キャッシングを利用するまでの流れをご紹介

申し込みから利用まで次のような流れとなります。

①申し込み
②審査
③契約手続き
④利用開始

申し込み方法や契約手続き方法は、銀行によって異なります。

  • 電話
  • 店頭窓口
  • インターネット
  • 郵送
  • 無人契約機・テレビ窓口

これらの方法となりますので、希望する銀行カードローンがどの方法を採用しているかチェックしておきましょう。

カードローンの利用方法は申し込み前に要チェック!

銀行カードローンは、次の2つの方法で利用することができるのが基本です。

  • ローンカードを使ってATMから現金を引き出す
  • 自身の口座に希望金額を振り込んでもらう

ローンカードを使ってATMから現金を引き出す、これが最も一般的なカードローンの利用法です。この場合、次の3点に注意しておきましょう。

  • 対応ATMはどこか
  • ATMの利用時間はどうなっているか
  • ATMの利用手数料はいくらか

自行のATMしか対応していない場合、身近に使えるATMの数が少なければ不便です。

ですから、どこに使えるATMがあるかはチェックしておきたいですね。あとは、自身の口座へ振り込んでもらうことでキャッシングができる場合、振り込み対応可能口座がどこかをチェックしておきましょう。

振り込みキャッシングは自行の口座を持っていることを前提としている銀行カードローンが多くなっています。口座がなければカードローンを申込み時に口座開設手続きも必要となるわけです。

即日融資可能な銀行キャッシングも、口座開設まで借り入れできないとなれば時間がかかってしまうので注意しておきましょう。

安心の銀行キャッシングは総量規制の対象外!

銀行キャッシングは、安心して利用できるだけでなく総量規制の対象外というメリットもあります。

もちろん、その限度額は信用に応じた金額になりますので、必ず誰もが高額借り入れができるわけではありません。しかし、総量規制の対象外だからこそ、信用さえあればいくらでも借り入れできるというのは大きなメリットです。

お金がない!というときは銀行キャッシングの基本情報をチェックして、利用するかどうか検討してみては?

おすすめ記事

キャッシングをしたい…と考えたときに、銀行カードロ...

イオン銀行はイオングループに属している銀行です。口...

楽天と言えばショッピングやクレジットカードなどで有...

オリックス銀行と聞いて、街で店舗とか見たことないけ...

お金がないからキャッシングをしたい…と思ったとき、...

急な入り用でキャッシングしようと思ったけれど、調べ...

堅実な生活を心がけていたり、無駄遣いをしていないつ...

お金が必要なのにどうしてもたりない!…という状況に...

キャッシングをするならできるだけ安全安心に利用でき...

ある日突然、まとまった額のお金が必要になるのは、よ...

12
閉じる
閉じる