お金がない時どうしてる?みんなの知恵や解決策まとめ

クレカのショッピング枠現金化は規約違反!安易に誘いに乗らないこと

クレジットカードはショッピングの為のカードですよね。そのショッピング枠の中にキャッシング枠が組み込まれていることをご存知でしょうか。たとえば30万円のショッピング枠の内10万円はキャッシング枠、という風になっています。

10万円はATMでの現金借入が出来るのです。その10万円をすべて借入してしまい、どうしてもお金が必要な人に対して残りのショッピング枠を現金化することを勧める業者がいます。クレジットカードの現金化は違反ですよ。

クレジットカードの現金化は違反!?

クレジットカードのキャッシング枠をすべて利用していて、尚且つお金に困っている人に対してクレジットカードの現金化を促す業者がいることは確かです。このクレジットカードの現金化については完全な違法とはいえませんが、カード会社のカード利用法の違反事項となります。

クレジットカードの現金化とはクレカのキャッシング枠以外のショッピング枠について不当な商品を購入させ、業者がキャッシュバックする手法です。

さまざまな手法で顧客を集めていることに驚きます。利用してみようかと考える人が多いのですね。

クレジットカードにもともと付随しているキャッシング枠については、提携ATMで限度枠まで繰り返し利用できて、お金がない時の強い味方になってくれるので助かりますよね。

総量規制施行によりキャッシング枠が変った

もうずいぶん以前になりますが、貸金業法の改正に伴って総量規制が施行されました。

キャッシングに関しては年収の3分の1以内を限度とするという法律です。

それまで、利用状況に応じてキャッシング枠はある程度自由に上げられていたのですが、施行後は限度額の引き上げはおろか、限度額の見直しにより、ほとんどのクレジットカードキャッシング枠は減額となりました。

それではショッピング枠はというと、これは現状もしくは現状以上に枠を拡大されるという状況になったのですね。

例えばそれまでの100万円のショッピング可能額内キャッシング限度枠100万円が100万円のショッピング枠内キャッシング限度枠0円という人も出てきたのです。

クレジットカードショッピング枠の現金化

キャッシング枠が利用できず、返済のみのクレジットカードとなってしまったけれど、ショッピング枠はしっかりとある。そういった顧客に対してクレジットカードの現金化を提案する業者が現れたのです。

クレジットカード規約にはこの利用方法は違反であると明記されている場合が多いのですが、簡単に現金を手に入れたいと考える人が利用してしまっているという実状です。もしもカード会社に知られるとそのカードはショッピングにも利用出来なくなりますよ。

クレカのキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシングはクレジットカードのショッピング限度枠の一部がキャッシング枠となっているもので、カードローンはショッピング枠がなく限度額はすべて現金で引き出せるものです。

50万円の利用可能額の内キャッシング枠20万円のクレカでは、ショッピングに40万円利用したとするとキャッシング出来るのは単純にいうと10万円となります。50万円限度枠のカードローンでは当然50万円の借入が可能となります。

クレジットカードは基本的には物品を購入する為のカードだと考えた方が良いでしょう。その上で、急に少額のお金が必要となった時にキャッシングを利用することも出来るカードということですね。高額な借入が必要な場合はカードローンへの申込がお奨めです。

クレジットカード現金化が危ない訳

クレジットカードはショッピングの為のカードとお話ししました。もちろんキャッシング機能の付くものもありますが、ショッピングの為に利用するカードと考えた方が良いと思います。そのクレジットカードのショッピング枠を利用するクレカの現金化…これはどのようなものなのでしょうか。

クレジットカードショッピング枠現金化のしくみ

1ほとんど価値のないものをクレジットカードで購入させる→2代金の何割か(8割程度)をキャッシュバック→3クレジットカード会社より請求
1自社製品をクレジットカードで購入させる→2返品して手数料(2割程度)を引いた金額をキャッシュバック→3クレジットカード会社より請求

どちらも50万円程度の商品を購入させ、代金の8割程度の40万円をキャッシュバックします。現金が手に入って喜んでいると後日クレジットカード会社から50万円の請求書が送られてきます。10万円が手数料として業者のものになる仕組みです。

要するに法外な手数料を取って現金を渡すという方法になります。

クレジットカードの現金化そのものは違法ではないのですが、限りなく違法に近い方法といえますね。

もちろんクレジットカード規約にはこの現金化は禁止事項として載っています。

お金が無いため困っている時には、少しくらい手数料が高くても現金が欲しいと思いがちです。

そこへつけ込む業者の中には悪徳業者も含まれます。充分な注意が必要ですよ。

お金が無い時こそ借入は慎重に

お金の無い時には、少しでも現金に結びつくことには、考えなしに飛びついてしまいがちですよね。キャッシングもカードローンもそうですが、借入はより慎重さが必要です。ましてクレジットカードの現金化にいたってはクレジットカード会社を欺いているという事を知って下さい。

お金がない!そんなとき便利なのはクレカのキャッシング!?は、ATMで簡単に何度でも借入でき便利な機能ですが、ショッピング枠を利用した現金化はその場限りのものであり、正規のクレジットカードの利用に反しています。

もしもそうした利用方法がクレジットカード会社に知られた場合には、そのカード自体強制的な解約を迫られることになってしまいます。安易に誘いに乗る事のないようにして下さいね。

閉じる
閉じる